yjimagemj睡眠薬の種類
睡眠薬は睡眠障害に対して用いられている薬です。また、睡眠導入剤、催眠薬ともいい、睡眠薬の一般的な作用機序について、中枢神経系による脳の興奮を抑えたり、睡眠時の緊張、不安などの症状を和らげたりすることで不眠症を改善します。睡眠薬の不正使用はひどい副作用を引き起こし、更に死に至ることもありますから、それで、大部分の睡眠薬は処方薬です。近年以来、市販の睡眠薬もだんだん出てきます。

睡眠薬の種類は様々だと認められています。作用時間によって超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型などの種類があります。超短時間作用型の睡眠薬は服用後30分以内に効果が現れます。作用時間は3~4時間だけ持続することができますから、入眠障害の方に適します。また、短時間作用型と中間作用型の睡眠薬の作用時間は別々、5~6時間と7~8時間で、中途覚醒の睡眠障害に役立ちます。長時間作用型の睡眠薬の効果は9~10時間に達することができ、早朝覚醒にいい効果があります。

他には、睡眠薬の強さと効果によって睡眠薬は処方されるベンゾジアゼピン系睡眠薬とジフェンヒドラミンを主成分としての市販睡眠薬といったニ種類があります。ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系に分かれています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳の働きを抑制する作用があるGABAという脳内神経伝達物質の分泌量を増やす効果があります。それによって睡眠を促進することができます。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べて、安全性がもっと高いと認められています。市販睡眠薬はジフェンヒドラミンを主成分とされています。間接的に体に作用することを通してもっと自然な睡眠を実現することができます。それで、睡眠導入剤とも呼ばれています。

睡眠薬の正しい使用
睡眠薬の正しい使用について、まずは使用時間と使用量は一番重要です。決められた用法と用量を守ることは原則です。一般的に睡眠薬の過量使用で起こる副作用がひどいですから、ぜひ注意してください。他には、睡眠薬の種類によって併用禁止薬や特別な注意事項がありますから、利用する前に詳しく了解してください。

睡眠薬を利用している間、不眠症状が著しく改善される時、減量服用、あるいは睡眠薬の服用を止める必要があります。また、個人差がありますから、正しい使用方法を守っても、ひどい副作用が現れてくる可能性もありますから、それらの場合、早めにお医者さんと連絡してください。

♥ 睡眠薬をオススメ

 

パキシル・ジェネリック通販

 

 

メラトニン通販

 

あなたのため、おすすめ健康情報:ED治療薬バイアグラの解説