睡眠薬の種類
睡眠薬は不眠症の改善のために開発された薬です。睡眠薬の種類が様々ですが、配合されている成分や強さによってバルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾシアゼピン系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬などの種類があります。また、効果の持続時間によって睡眠薬はだいたい超短時間型、短時間型、中時間型と長時間型という四種類に分けています。

睡眠薬の服用
近年以来、不眠症で苦しんでいる人が多くなっています。それで、睡眠薬を利用する方も多いです。睡眠薬といえば、医療機関で処方される薬だというイメージが強いですが、最近では市販されている睡眠薬がだんだん多くなっています。睡眠薬の正しい服用は不眠症患者にとってとても大切です。乱用や過量服用は危険性を招くことができますから、注意してください。

睡眠薬の注意事項
睡眠薬を服用する際、いろいろな注意事項があります。まずは決められた用法と用量を守ることが原則です。また、睡眠薬はアルコールと一緒に服用すると、互いの作用が強く現れてしまうことがわかっています。ですから、睡眠薬を飲んでいるときには、絶対に寝酒を飲んではいけません。更に、マクロライド系の抗菌薬、カルシウム拮抗薬、胃潰瘍の治療薬H2ブロッカーなどの薬を服用している場合、睡眠薬を服用する前、医師、薬剤師にご確認ください。